造成工事

■この先もずっと安心できる、地質に応じた地盤の整備を

もしご自慢の住まいが、わずか数年で傾いてしまったら……。
造成工事はそんなことが起きないよう、建物の地盤をきちんと整える工事のことです。
とくに近年は建物の耐震性への関心が高まっており、地盤や基礎構造が気になる方もたくさん。

建物を建てるときに大切なことは、そんな地盤の調査を疎かにしないこと。
そして地質に合った造成工事を進めることです。

その土地、その住まいで安心して暮らせるように。
何十年先もしっかりとした建築物であるように。

当社はお客様の住まいを守るため、クオリティの高い造成工事をお届けいたします。

■精度の高い地盤調査で、造成工事を円滑に

○造成工事とは?

「農地や空き地になっている土地を、住宅や駐車場などに変えるための地盤整備」が造成工事にあたります。

土地の状態に合わせて切り土や盛り土といった整備を行い、住宅建築の基盤を最適なものにすること。
それが安定した建物を造ることにつながります。

○地盤調査をしっかりと

・近くに川や沼地がある
・建設地が水田や造成地である、ローム層である
・隣地の建物が杭を打っている
・車両が運行すると敷地が揺れる
・周辺の建物の外壁や基地に亀裂が入っている
・ブロック塀や擁壁に傾きが見られる
・路面に傷みがある

上記項目に当てはまる場合、軟弱地盤である可能性が高いです。
地盤の不同沈下は入居後に多いトラブル。
地盤調査をしっかり行い、安全な建物を造ることが大切です。

一覧ページに戻る